ここもチェックしておこう!賃貸住宅を借りる時に必要なもの

礼金や仲介手数料の有無

賃貸住宅を借りる時には、初期費用として礼金や仲介手数料が必要ということもあります。

礼金は、その物件を貸してくれる大家さんへお礼として支払うものです。お礼の気持ちの金額は自分の気持ちで選ぶことはできず、礼金という形で決められています。

一方、仲介手数料の場合には、その物件を紹介してくれた不動産屋さんに支払うお礼のお金ということになり、これも礼金と同じように金額が指定されています。

なかなか借り手がつかない賃貸物件になれば、そのまま放置しておくよりも安くして借り手を見つけた方が経営としては成り立つことになります。早く借り手をつけたいために、礼金や仲介手数料が低く設定されていたり、0というケースもあります。

敷金の有無もチェックしてみよう

賃貸物件を借りる際には、敷金が必要な物件というのもあるものです。

礼金や仲介手数料は、お礼のお金でもあるので低ければ予算的に助かるのですが、敷金の場合には低かったり0であることが嬉しいとは言い切れません。敷金は、もしもの場合に備えて大家さんに預けておくお金であり、敷金があれば急な出費に焦ることがないという安心感もあります。

使用される目的としては、自分が家賃を滞納してしまったという時に敷金から使用されることになり、また退去の際に修理が必要なものの費用として使われることになります。経年劣化による修理には使用されず、自分が壊してしまったり異常に汚してしまったものの交換として使用されることになります。

何もなければその賃貸物件を出る時に返金されるものでもあるので、高くても不安に感じることはありません。

東札幌の賃貸の居住環境に注目をするうえで、実際に近隣の物件に住んでいる人の体験談を参考にしつつ、信頼のおける契約先を見つけましょう。