不動産屋にも立場がある!?入居者寄りの不動産屋を探そう

大家寄りの不動産屋の特徴を知っておく

不動産屋にとってのお客は、大家と入居者、客付け業者です。客付け業者は、同じ不動産屋同士という位置関係のために、単なる取引相手としか判断されませんが、大家と入居者は利害関係が相反する相手です。外から見ると同じに見える不動産屋ですが、大家寄りの不動産屋に当ってしまうと、後からトラブルになりかねないので注意が必要となります。初めて訪れた不動産屋で、担当する営業が妙に親切丁寧に映る場合は、大家寄りの不動産屋に対する警戒が必要です。入居者にとって本当に適した物件よりも、大家から早く入居者を入れて欲しいと頼まれている物件を褒めて印象だけで入居者を誘導します。良い印象を持った営業担当から勧められれば、多少条件が合わなくても納得しがちですが、住んだ後で後悔してしまうでしょう。

入居者寄りの不動産屋の特徴とは

入居者の希望する条件をしっかりと聞いて、条件に合った部屋を探してくれる不動産屋に良い印象を持つでしょう。不動産屋を訪問するキッカケとなった部屋がある場合には、最初に問い合わせた部屋から見ることが良くあります。比較のためとして、複数の部屋を見せてくれる場合には、順番がどうだったか確認してみると良いでしょう。最後に訪れた部屋が一番良い印象を持つように部屋の特徴を変えて案内してくれます。プロの立場から見て、最初に問い合わせた部屋の特徴と提示された条件から、最も勧めたい部屋を最後に案内する傾向があります。最後に見た部屋を勧めるのは、本来最も条件に合った部屋を提示するチャンスはその1回だけと考えているからです。

札幌の賃貸マンションを利用することで、高い満足度を獲得することができます。それはしっかりと要望に応えてくれるシステムが行き届いているからです。

小樽の賃貸マンションで検索
お問い合わせ